指導者の資格 (2)

指導者の資格(1)の続きです。
一部、歯に物の詰まったような表現が出てくることをお許しください。
また、この文章は、諸般の事情により、講演会で話したことを一部編集しています。
続きを読む 指導者の資格 (2)

召命 (神学を学ぼう! キリスト者のための神学講座 2012年7月14日)

大変お待たせして、申し訳ありませんでした。
7月14日、第4回目の、神学講座のビデオを公開いたします。

第4回目では、アブラハムの召命からはじめて、アブラハムの生涯を学んでいきます。
また、イスラエル民族が選ばれたことの意味や、それに伴う責任、そして、今日の教会にとっての意義も考えたいと思います。

ぜひ、聖書をお持ちになり、創世記を開きながら学んでください。

なお、今後とも安定して講座を提供するために御協力いただけるキリスト者の方は、
献金について
を御覧下さい。
よろしくお願いいたします。

指導者の資格 (1)

7月15日、調布バプテスト教会において、「指導者の資格」という題で講演を行いました。
撮影したビデオを公開するつもりでしたが、参加者の方の声や顔もかなり入っています。
その他様々な事情を考慮し、ビデオをそのまま公開するのではなく、文字の形で講演の内容を公開することとしました。御了承ください。 続きを読む 指導者の資格 (1)

教会の条件 (調布バプテスト教会礼拝メッセージ2012年7月15日)

教会とは何か。教会にとって欠かすことのできない実践とは何か。
調布バプテスト教会において、「教会の条件」という題でメッセージをいたしました。
その動画をアップロードしたのでご覧ください。

イエス様が「教会」という言葉を使うのは、福音書中たった2回、マタイ16章、18章のみであり、その双方とも「つなぐこと」「解くこと」という奇妙な言葉と結び付けられています。それで、少なくとも、この「つなぐこと」「解くこと」の実践こそ、教会にとって欠かすべからざるものと言うことができるでしょう。

この「つなぐこと」「解くこと」という言葉の意味、そして、この言葉を実践できなかったコリント教会の失敗と回復の過程を学びます。

なお、メッセージ中の「ひとあしとび」を、「いっそくとび」に訂正させてください。
申し訳ありません。

講座、礼拝メッセージの動画が遅れ、申し訳ありません。

先日の講座、礼拝メッセージの動画をお待ちの皆様、配信が遅れてご迷惑おかけしております。

実は、動画の編集、アップロードに使っていたパソコンが故障してしまいました。その関係で配信が遅れています。

ネットカフェの使用、新規PCの購入等、何らかの手段をとり、動画をなるべく早くお届けいたしたいと思います。もう暫くお待ちください。よろしくお願いいたします。

7月15日、調布バプテスト教会でメッセージをします。

7月15日、調布バプテスト教会でメッセージをすることになりまし た。ぜひお越しください。

メッセージの題は、「教会の条件」。
聖書の中で、教会として欠くことのできない実践、そして、その実践に一度失敗し、立ち直った教会の姿を聖書から学びます。

なお、メッセージは、ネットで公開する予定です。

2012年7月7日 神学講座の動画について、他

現在、動画を編集するためにつかっていたパソコンが故障しています。
また、7月7日は、講座に参加している方々と、今後の方針等について分かち合う時となりました。
このため、7月7日の動画については、アップロードしないことといたします。ご了承ください。

その代わり、この講座全体の目的、意義等について、今後書き綴って生きたいと考えています。 続きを読む 2012年7月7日 神学講座の動画について、他

神学を学ぼう! キリスト者のための神学講座 2012年6月30日

6月30日、第3回目の、神学講座のビデオを公開いたします。
第3回目では、前回に引き続き、「神がいるのに、悲劇が起こるのはどうしてだろう」という問題意識を持ちながら、ヨブ記から学びます。

前回に比べて、講座の内容自体、充実したものになっているかと思います。
また、音声がうまくとれていないという声にお応えし、マイクの位置を調整いたしました。

今回は、以下の資料をプリントアウトし、手元に置いて御覧戴くと、よりわかりやすいかと思います。
ヨブ記の構造
よろしければ御利用下さい。

なお、今後とも安定して講座を提供するために御協力いただけるキリスト者の方は、
http://theology.jp/donation/
を御覧下さい。
よろしくお願いいたします。